ウェットタイプのキャットフードで下痢を予防しよう

catfood.net

最適なペットフードを見つけよう

ペットを飼う時に気になるのがペットフードです。どの食事がペットに適しているのか気になります。もちろん年齢や個体差もあり、どの個体にも良いペットフードというものはありません。ここからはキャットフードのタイプ別にそれぞれの特徴を確認していきましょう。

キャットフードのタイプ比較

ウェットフード

ウェットフードはウェットというだけあって水分量が多く、腐りやすいので開けた日に食べきらなければいけないので日持ちは悪いです。水分が多いので消化しやすく下痢になりくいです。値段はドライフードより少し高めで栄養は少なめです。柔らかいので歯石を予防することは難しいでしょう。

ドライフード

ドライフードは水分量が少なく、封を切ってからから長い間食べることが出来ます。消化はウェットフードの方が優れていますが、コストパフォーマンスはコチラのほうが優れています。栄養も豊富に含まれているので体に良いといえます。また硬めなので歯石の予防にもなります。

それぞれを使い分ける

キャットフードの比較をしてきましたが、ドライとウェットそれぞれの特徴が分かったと思います。ドライフードは普段与えるのに向いていてウェットフードはたまにあげるおやつ感覚のように考えましょう。さらにキャットフードの材料でおすすめの食材を見ていきましょう。

キャットフードにおすすめの材料ランキング

no.1

1.チキン

キャットフードの材料に最もおすすめなのは、チキンになります。猫は元々肉食動物で、野生で生活していた猫の祖先達はネズミなどの動物を主な食料としてとっていました。なので魚は食べられていませんでした。

no.2

2.サーモン

サーモンは青魚よりビタミンEが豊富に含まれているので不飽和脂肪酸の酸化を助けてくれます。なのでサーモンが材料の餌のみを与えることで黄色脂肪症になるのを防ぎ健康を保つことが出来ます。

no.3

3.青魚

青魚が材料の餌のみを与え続けると、ビタミンEが不足することにより、脂肪組織が炎症を起こしてしまいます。炎症を起こすと腹にしこりが出来てしまう可能性もあります。なのでビタミンEが不足しないように注意しなければいけません。

もし炎症が起きてしまったら

しこりが確認でき炎症が発覚したらすぐに動物病院に連れて行き診てもらいましょう。動物病院は全国にありますが千葉や大阪にもあります。ここからはペットが亡くなった時のことについてまとめていくので、気になる方は見ていきましょう。

[PR]

千葉で高評価の動物病院!気軽に相談してみよう
ペット供養の相談をいつでも受付中!実績豊富な業者を提案
ペット火葬なら大阪で決まり!料金プランも豊富☆
キャットフードで下痢や便秘の症状原因を知ることで解消できる

キャットフードの選び方

動物

ペット供養

ペットの供養にはいくつかの方法がありますが、墓石を利用して供養するやり方があります。墓石とはペット火葬で残った骨を納めたり、骨を埋めた場所に建てるものですが、最近は庭に設置出来るような小さめのサイズがあり、お家に置くことが出来ます。毎日過ごす場所に設置する事で亡くなったペットを近くで感じることができます。

仏具セット

ペットに毎日お供えするものや線香をあげたいという方が購入するのが仏具セットです。ペットの仏具セットはエサ入れの形をしたお供え物入れはペットの名前やサイズ、メッセージを記入出来る用になっています。人用の仏具セットに比べるとサイズが小さくなっているので、設置する場所を選ばないのがポイントです。

[PR]

広告募集中